お買い物かご マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

麻の葉編み 竹かごバッグ/かごバッグ/竹バッグ/ハンドバッグ/国産手作り/日本製/通販

竹かご かごバッグ 麻の葉編み 国産手作り 通販 

拘りの竹BAG



職人の手によって、1本1本丁寧に編みこまれた竹の編み目が魅せる表情にご注目。
編み目が透け涼しげな感じが、装いに夏らしいニュアンスを添えてくれます。
国産の竹を使用した手仕事には「共に年を重ねる」という、特別な楽しみがあります。一生、いえ、子どもから孫まで代々伝えることが出来る竹バッグです。 人の手だからこそ、生み出せる繊細さを持ち、時と共に味わいが増し、竹特有のしなやかな手触りが生まれてきます。 また、大人世代には嬉しい約380gという軽さです。


「竹編みのバッグって、服に引っかかりそう・・・」っておもってませんか?
竹編みのバッグを検討さている多くの方が 「竹編みのバッグって、ゴワゴワしていて、服に引っかかりそう・・・」と思われていますが、当店のバッグは、服にひっかかるといったことはありません。 それは、バッグを構成している竹一本一本(竹ヒゴ)を、職人が手作業で角を丸くする面取りをおこなっているからです。 さらに、編み込みしっかりと丁寧におこなっているから、お洋服に引っかかるなんてことはありません。


職人がひとつひとつ手作りする本物の竹バッグ
※こちらの商品は、蝋や漆は使用していません。


浴衣や夏着物などに大活躍
巾着はそのまま取り出せるので他の巾着袋と合わせて使う事も出来ます。 麻の葉編み竹バッグ 竹かご

麻の葉編み 竹かごバッグ メイン2

2019麻の葉

DETAIL


サイズ:約W34cm(口巾)×H16.5cm×D16cm(口巾)
素材:本体/国産真竹・籐  持ち手/ほうび竹  内袋/麻・帆布

※下記の写真の上にカーソルを合わせると、拡大された写真が見れます。





全体について
職人手作りのの竹ハンドバッグ。
編み目が透けていて涼しげです。

編み目について
麻の葉編み(あさのはあみ)、六つ目編みから発展する様々な技法のひとつで、 花篭や盛り篭などの底編みによく使われています。





ふちについて
籐で飾り、上品に仕上げています。

持ち手について
持ち手にはほうび竹を使っています。
ほうび竹は鳳尾竹と書き、 雪国の山にしか生えない細く肉厚な竹が燻されたものです。
深い色艶はまさに自然のご褒美。
手にした時の優しさは格別なものです。





取手について
本体と持ち手は、籐で接続しています。
籐巻きの中に一本竹釘が入りゆるみにくい作りになっています。
取手は、リング式になっているのでパタンと倒れ
物の出し入れがしやすく収納にも便利です。

幅について
少し幅広く作っているので安定感があります。六つの角を巾のある竹や 籐かがりでしっかりと補強し丁寧に仕上げています。




内袋について
巾着はそのまま取り出せるので他の巾着袋と合わせて使う事も出来ます。内側にはポケットが一つついています。
底について(必ず作者の銘が入っています。)
巾のある竹や籐かがりでしっかりと補強し丁寧に仕上げています。節が底にくるように編まれているので、着物や洋服を傷めることはありません。


名入りの根付プレゼント

 バックをお買い上げの方には
 お客様のお名前を彫った根付けをプレゼントしています。
※カートより、ご希望のお名前をご記入下さい。
根付をお付け致します。
※根付の飾り玉は、写真とは異なる場合があります。

麻の葉編み 竹かごバッグ/かごバッグ/竹バッグ/ハンドバッグ/国産手作り/日本製/通販

価格:

86,400円 (税込)

[ポイント還元 864ポイント〜]
根付に彫るお名前をご記入下さい。:
備考欄:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる





ギフト対応、オリジナル袋

 メンテナス方法 

■天然素材を使用しておりますので、湿度を嫌います。
ご使用の後は乾いた布で抜き上げ、通気性の良い所に保管して下さい。
■本体部分の少々の水濡れは、拭き取って完全に乾かせば問題ありませんが、
巾着部分に水が付きますとシミになるかもしれません。ご注意下さい。
お手入れ方法2015



  5年間の無料修理保証  

信頼の証として「5年間の無料修理保証書」をお付けしています。
お使いなっているうちに、傷などの不都合が生じても無料で 修理いたしますので、安心してお使いください。



  伝統工芸品の証  

当店では伝統工芸品の証として、
作品の裏又は保証書に伝統工芸シールが貼られています。
※作品の裏には、必ず作者の銘「雅」が彫ってあります。

伝統工芸品・伝統工芸士についての詳細はコチラ>>
伝統工芸シール2017


こちらの商品もおすすめです。

ページトップへ